坂戸市議会議員 田中えい 公式ホームページ 子育て支援、コミュニティ支援、元気な街つくり、人の輪つくり応援団です!

政策・議会活動・実現政策

  • HOME »
  • 政策・議会活動・実現政策

田中えいの「政策」「議会活動」「実現政策」をご紹介します。

目次:

政策 議会活動 実現政策

クリックで移動します。

=

政策

私の政策の元になったのは、PTAや民生委員、すこやか親子訪問などの活動を通し、このようなお悩みをたくさん聞いたことでした。

田中えい・クリニックで手伝い

  • B肝、ロタ、おたふくなどの任意のワクチン接種をしたいけど費用が!
  • 育児不安で、相談できるママ友がほしい
  • 育休あけに、保育を利用できるか心配
  • 病中病後児保育は、利用できるのか?
  • 学童の費用、もっと軽減しないかしら
  • 通学路が危ない
  • 災害時の避難計画は、授乳や赤ちゃんの世話や自閉症の子どもなど、配慮してもらえる?
  • 清掃センター跡地に放射能ごみ引き受けるの?
  • これからの介護保険はどうなるの?
  • 2025年には、介護施設足りなくなるの?
  • サロンやさかっち体操を継続したくても開催場所がない!
  • 困ったときに、どこに相談すればよいかわからない

これらを整理整頓し、坂戸市にたくさんの思いと要望を伝えるべく5項目の政策提言を作りました。その詳細になります。

<子育て支援>
ひとりひとりの結婚、出産、子育てに関する希望が全てかなえられる坂戸へ
◆ 結婚から妊娠・出産・子育てまでの包括的支援体制の確立
◆ 待機児童ゼロと病中病後児保育の増設
◆ 結婚や出産などで職を離れた女性の復職支援
◆ 企業へ、育休・時短勤務・フレックス勤務の啓もう活動
◆ 学童保育への助成金増額
◆ 任意の予防接種に対する助成金

<地域活性化と元気な街つくり>
◆ 伝統文化と地域のまつりの継承と推進
◆ 地域スポーツの促進
◆ 婚活イベントの開催促進
◆ さかっち体操、ラジオ体操などの健康維持の推進
◆ 歌声サロンの推奨
◆ 街つくりにおける、産学協働体制推進強化
◆ 市の福祉サービスの周知方法に、モバイルサイトの利用促進!
◆ お悩み相談モバイルサイトの設立

<コミュニティ支援と居場所つくり>
◆ 育児不安、不登校、認知症、介護、独居老人、障碍者、外国の方など、継続的な居場所作りを支援します

<多様な立場からの防災体制の確立>
◆ 妊婦さんや授乳中のお母さん、自閉症や障がいのある方々に配慮した避難支援体制の確立

<通学路の安全面を第一にした見直し>
◆ 中学校、小学校が立て続けに統合されえたことによる通学路の危険性の増大
◆ 桜小学校北側の変則四叉路の歩道の確保と整備

議会活動(一般質問)

議場での一般質問政策提言を実現するために、市議として一番力をいれる場面が「議会での一般質問」というものになります。

一般質問とは、坂戸市がさまざまな市政運営を行っているわけですが、それがちゃんと行われているかの状況や将来への考え方などを市長などに質問して、報告や説明をしてもらうことを一般質問といいます。

市民の皆様のさまざまな思いや要望を背負った代表者である議員のとても大事な議会での発言の場となります。

坂戸市議会だよりより引用しております。一般質問を最新のものが上になるように掲載しています。田中えいの「伝え」「創る」をお伝えします。

田中えい市議会議員 6月定例会一般質問

2019年3月定例会一般質問

平成30年3月定例会での一般質問

田中えい 一般質問 平成29年9月定例会にて

田中えい 一般質問 平成29年3月定例会にて

田中えい 一般質問 平成28年9月定例会にて

※一般質問のネット中継:上記3つのバックナンバーは、パソコン、タブレットで閲覧可能です。残念ながらスマホ対応となっておりません。ご了承ください。

+

実現できた政策について

一般質問で市の状況を質問し、市民要望のもと市として実行して頂きたい内容「5つ」が実現いたしました。紹介申し上げます。

実現した政策

1)B型肝炎ワクチンの任意接種の助成(平成28年4月以降生まれ、9月1日までに接種した場合)

予防接種には無料で受けられる「定期接種」と保護者の判断に委ねられ自費となる「任意接種」があります。任意接種は重要度が低いワクチンではありません。市に対し、救済措置を求めました。

★市では、B型肝炎ワクチンの任意接種に1回3,000円(最大2回まで)※生活保護受給者等については1回6,500円の助成をすることになりました。

2)災害時応援協定に歯科医が追加

東日本大震災、熊本地震で長期化する避難所生活の中、感染症やエコノミークラス症候群の発生など、災害時に備えての「受援体制と感染予防」が重要になります。坂戸鶴ヶ島医師会、歯科医師会との災害時応援協定の締結について聞きました。

★坂戸鶴ヶ島医師会はすでに締結になっておりましたが、新規に「歯科医師会」が災害時応援協定の仲間入りをすることになりました。

3)地域とともに快適な環境作り

高麗川桜堤公園のゴミの環境パトロールごみの不法投棄などについて質問しました。

市の環境側帯や公園に利用者によるごみの不法投棄などが見受けられ、市としてはパトロール後速やかな撤去や多言語の看板設置などに努めるとし、更にごみの散乱の多い場所や不法投棄の多い場所のパトロールを委託の形で検討するとのことでした。

★市では、平成30年春から、環境側帯のごみ持ち帰りを促す環境パトロール隊を結成した自治体への委託という形で活動を実施。

4) 先天性風疹症候群の予防について

平成30年3月と9月定例会において、妊娠初期の女性が風疹にかかることにより、胎児が障がいをきたすことを予防するため、対策としてのワクチン接種費用の助成について、市に質問をしました。その回答は「風疹抗体検査の結果、必要と診断された場合の接種費用の一部助成などを検討していく。」とのことでした。

★平成30年11月15日より「風疹ワクチン接種費用助成」が施行されることになりました。麻しん風しん混合ワクチン 5,000円 風しん単抗原ワクチン 3,000円※生活保護世帯及び中国残留邦人等支援給付制度適用の方は全額助成(上限10,000円)

5) のら猫不妊去勢手術の無料チケット配布について

平成30年6月に動物愛護、平成31年3月に猫が引き起こす環境問題について質問しました。のら猫(=飼い主のいない猫)による迷惑行為による環境保全劣化の対策についての回答は「生活環境の保全を図るためさくらねこ無料不妊去勢手術事業に登録し野良猫対策を行う方々と連携する。」とのことでした。

★令和元年6月1日より「さくらねこ無料不妊去勢手術の無料チケットの配布」が開始されました。

PAGETOP
Copyright © 田中えい 埼玉県・坂戸市議会議員  All Rights Reserved.